リペアブレーキスイッチ TYPE-RS

フロントブレーキのブレーキスイッチが壊れた。

wp20081130b.jpg

このタイプのブレーキスイッチは、よく国産車やNISSIN製マスターシリンダに使われています。ランプ点灯の仕組みはブレーキを握ることで、いつも押し込まれてるこの突起がばねの力で押し出されるというもの。こいつが出てこなくなっちゃった。

wp20081130a.jpg

足立Napsにて購入。¥1.050-也。国産車の純正品も合いそうでしたがはっきり形が確認できなかったので今回は元と同じものを選びました。使用中NISSINの横型マスターシリンダにはTYPE-RCとTYPE-RSの2種類あるみたいですが違いはレバー形状だけみたいです(多分)。

wp20081130c.jpg

壊れたスイッチはバラしてみましたが、中のばねが外れただけでした。錆びて接触不良とか壊れやすいスイッチらしく、最近の国産車では水抜きの穴を加工したものが付いてるっぽいです。

   

3 replies to “リペアブレーキスイッチ TYPE-RS

  1. XRをミリバーにしていた時に、ニッシンのマスターを使用。しかしそこのスイッチがね〜
    接点が焼けてダメになります。そこで接点の下側に穴を開け、ヤスリで磨ける様にしていました。(笑)

    話し変わるが、ようやくスポが復活!KTMと入れ換えて来ました!

  2. オイラのもスティード用がフロントなので3年に1度くらい点滅しなくなります。
    中々気づかないので、始動時に必ずチェックするようにしてます。
    CRCいれてカチカチやってると復活したりするけど、結局壊れるでの素直に
    交換しますね。
    もう何個目だろ?(笑、先日もお亡くなりになりました。

  3. >ふさん
    下の穴からグリスを押し込んで蓋してしまいました。破れかぶれです(汗)
    祝!1200復活!

    >ジャイアンさん
    たまのツーリングの帰り道で気づくことが多いです(汗)。エアが噛みやすくタッチがふにゃふにゃなのでノーマルに戻せば?といわれること多し・・・。

Comments are closed.

close-alt close collapse comment ellipsis expand gallery heart lock menu next pinned previous reply search share star